top of page

gold hand









シャワーを浴びてもすっきりしなかったり入浴したりしましたが、白い角質や油っこい皮脂で肌がすべすべに見えなければ、本当によく洗ったのかなと思ってしまいます。


大多数の方はさまざまな液体石鹸やタオルを使ってシャワーを浴びています。 しかし、一部の顧客は液体石鹸は洗浄力は弱く、タオルは角質を除去するという感じよりは汗程度の異物だけを拭き取るという感じだと言います。



そうです。液体石鹸には様々な保湿、オイル成分を入れて製作するため、シャワー後も化粧品成分とオイルが肌に残っている状態で、シャワー後に塗る保湿クリームがたまる状態です。 このような状態でシャワー時にきれいに洗い流さないと、肌に吸着してたまると厚い角質が変わります。


シャワー後に肌が乾燥すると、様々な部位の肌に白い乾燥した角質や化粧品による異物が見られます。 こういう部分が見えると肌が乾燥すると思って保湿クリームを塗ります。


白く見える異物は効果的に洗っていないので、肌が乾燥すると現れる角質です。





効果的に肌に残っている汗、異物、角質を痛くなく刺激なく簡単に除去するために製作されたのがゴールドハンド手袋タオルです。









ゴールドハンド(黄金の手)垢すり手袋とは?


従来、垢すりタオルは肌に直接接触して強く押す方式で肌の老朽化を促進させ、皮膚科医にはおすすめしない方法です。 そのため、10年前から様々な垢すりタオルが発売されますが、化学的なナイロン類やシリコンの素材で製作され、肌にさらなる刺激を与える場合もありました。

ゴールドハンド垢すり手袋は、従来肌に刺激を与える方法、生地、織物ではなく石鹸を使用して、早い時間に効果的に角質を除去できる手袋の形で製作しました。 30年間シャワータオル製作一筋で技術的ノウハウを基に既存垢すり/バス手袋の様々な短所を補完し、新しい技術と特徴が追加されたプレミアム角質除去用バス手袋です。

シラカバが日光を浴びて光合成活動をするようになり、この時植物内部ではブドウ糖が形成され、このブドウ糖が集まってグルコース(繊維素)が形成されます。 そして、このグルコースが集まってセルロースを生成します。 このセルロース(原糸)に物理的変化と加工過程を経て作られたレーヨン繊維で製作されます。


レーヨン繊維は含量によって下着や夏に主に使われるクール素材の衣類で製作される生地です。 ゴールドハンド手袋は100%レーヨン原糸で製作します。












ゴールドハンド垢すり手袋


同じループ手袋型タオルではありません。

弊社は手袋型タオルを製作し、より肌にトラブルのない製品を生産するために様々な糸製作会社と協業して新しい方式の手袋型タオルを生産します。 糸一つで複雑に結ぶ方法から小さな糸一つにして織って角質がループに集められるように製品をアップグレードしました。


凹凸の間の空間が角質を溜めてくれます。

天然繊維の原糸を生産する過程で生じる凹凸の形をした空間で、角質や肌の老廃物が除去されるように集める役割を果たします。





従来の四角い垢すりタオルは、お湯に浸かってから使うのが効果的だと言われています。

ゴールドハンドタオルは独特のループ構造で夏の冷たいシャワーでも角質を効果的に除去できます。




韓国で家に一枚くらいは持っているイタリ垢タオルタオル! 肌に直接角質を押す方法で肌が赤くなるのは、角質以外に正常な上皮細胞まで除去され、外部環境要因に脆弱になり、肌の乾燥がさらにひどくなったりかゆみを誘発することがあります。




比べてみてください!

ゴールドハンド手袋は石鹸を使用して肌を傷つけない方法で肌の角質、異物を除去できる新概念垢すりタオルです。







同じレーヨン生地ではありません。生地を拡大してみると違いが確認できます。


緑色の四角タオルはお湯で肌を濡らした後、角質をかき出す方法で使用する製品で、微細なタオル組織は角質をかき出で外部に押されて肌の保護層まで掻いて毛穴を開いて肌の水分まで抜けます。




ゴールドハンド垢すり手袋は数十個の糸を一つにして多重ループ構造に織って石鹸と一緒に角質を押し出し、角質がループ構造の中に集められる方式です。 そして角質や老廃物だけを除去して肌のバリアを崩さず、肌の水分が抜けるのを防ぎます。





顔から足まで全身使用が可能なオールインワンタオルです。

シャワー後に乾燥すると現れる白い角質、夏のシーズンに恥ずかしい肘や膝の角質、乾燥でひどくなったかかとの角質!

これから任せてください。

ただし、ひどいかかと角質は角質除去器やお湯に浸けた後に使用すると、より効果的に角質を除去することができます。






狭い空間のシャワーを嫌う子供たちもいれば、洗う時に動きが多い子供たちもいます。 ママは子供たちを洗う時がとても大変です。

ゴールドハンドタオルは子供たちが洗うことに対して親しくなれる黄色のカラーと手袋のデザインで子供たちが遊びで自ら洗えるようにします。




野外活動が頻繁で汗をかく子供のママが送ってくれる写真です。 使用後、すすぎから角質、老廃物、汗と石鹸が一緒に洗い流されました。






ゴールドハンド垢すりタオルは垢すり手袋と同じように角質を効果的に除去できる垢すりシャワータオルです。

ゴールドハンド垢すり手袋と同じように天然素材と抗菌コーティングが施されており、独自の独特のループ構造で製作しています。


従来製作していたナイロン、ポリエステルで製作された製品は肌に刺激的で、使えば使うほど組織の変形で石鹸と一緒に滑って効果的に角質を除去できず、乾燥後にかゆみが残りました。


これからはゴールドハンド垢すりシャワータオルだけで角質を効果的に除去できます。






天然成分が確認できる生地テストでゴールドハンド垢すり手袋はレーヨン100%、ゴールドハンドタオルはレーヨン75%、ポリエステル20%、ポリウレタン5%成分で製作されたことが確認でき、有害25種成分のテストを第3機関で完了しました。








銀ナノとは?

銀を10億分の1(ナノメートル)で粒子を割ったもので、髪の毛の1000分の1にあたる微細な大きさです。

銀ナノから発生する銀イオンが細胞膜に付着して細胞膜を酸化させ抗菌効果を持つようになります。

抗菌成分が含まれた銀ナノを糸にコーティングした製品です。 抗菌の持続性は、手袋やタオルを使えば使うほど抗菌性は低下します。






ゴールドハンド垢すり手袋は週に2回、ゴールドハンド垢すりシャワータオルは手の届かないところに使用してください。(ただし、オイル成分のボディクリームを毎日体に塗る方は、ゴールドハンド垢すり手袋を毎日使っていただいても構いません。)


角質除去の前に体に水で濡らしてください。石鹸は一般的な石鹸でもいいですが、抗菌石鹸や角質除去石鹸を使ってもいいです。

手袋を着用した後、十分に水に濡らしてください。


濡らした手袋に石鹸をまんべんなくつけて泡を作ってください。


全身を拭いて水で洗ってください。


糸にコーティングされている抗菌性製品は、一生抗菌成分が持続するわけではありません。

抗菌コーティングされた生地は洗濯やすすぎでだんだん抗菌性は落ちてきます。 抗菌成分より衛生的な管理方法は、きれいにすすぎ乾燥させることが衛生的に使用できます。

1週間に1回はきれいにすすぎ、日干しをおすすめします。





より便利に使えるように生地とデザインを改善しました!!

従来の製品は手袋の形が長くて使用時に残るスペースが多くて不便でした。 また、幅が狭くて使用後に脱ぐのが難しく、生地が毀損されることもありました。 不便を感じないように改善した新製品で発送します。





また、手の大きい男性が着用しても不便を感じないように最適なサイズに製作しました。










Comentários


bottom of page